当院のご案内

  • 病院の概要
  • 患者の権利と責務
  • 個人情報の保護
  • 患者・医療者のパートナーシップ
  • 病院内のご案内(フロアマップ)
  • 交通アクセス

病院長挨拶

院長のご挨拶

 この度、院長に就任いたしました桝田義英です。大和高田市立病院は、「市民から愛され、信頼される病院を目指します。中和地域の中核病院として、地域住民の要望に的確に応える医療を行うとともに、保健医療福祉の連携に努めます」という病院理念のもと、奈良県民、特に中和保険医療圏の住民の方々の急性期医療を支えて参りました

image

 大和高田市立病院としての重要な役割には、1)市民の皆さんが最も心配しておられる救急医療の充実、それに並んで2)周産期医療の充実3)小児医療の充実4)専門的ながん医療の充実があると考えています

  

 一般救急に関しては、救急診療体制を充実させ、可能な限り救急患者さんの受け入れをおこなう体制を目標としてまいりました。当院では、2021年において2000件以上の救急搬送を受け入れています。これは地域において重要な役割を果たしております。今後も、その体制をさらに強化し、1人でも多くの患者さんを救えるように努力してまいります
 

 当院はいつでも患者さんを受け入れ、開業医の先生が気軽に紹介できる病院として、地域の他の医療機関と緊密に連携することを重視しています。個々の患者さんに合わせて家族構成や社会的背景なども考慮して、複数の疾患に対して総合的に最適な治療を行うことによって、地域で絶対に必要とされる病院となることを目標としています

 
2022年4月から最新のMRI検査機種が新設されるため、開業医の先生と共同で治療する症例も多くなると考えています。当院では、2021年より、さらなる地域医療に貢献するために、地域医療支援病院を目指して、取り組んでまいりました。これらを達成するために、先ずは重要な取り組みとして、開業医であるかかりつけ医と連携し、「二人主治医制」の確立を目指しております。地域住民の皆さんには、通常診療はかかりつけ医で受け、手術や高度な検査など、必要時に紹介状を持って、病院を受診していただきますよう、ご協力をお願いいたします。


 
大和高田市立病院は中和保健医療圏の中核病院として、そして何より市民の皆様のための病院として、より一層の発展をすべく職員一同で取り組んでまいる所存ですので、今後とも皆様の温かいご支援、ご協力とともに、ご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


2022年4月1日
大和高田市立病院 病院長 桝田義英

副院長挨拶

 2021年1月付で大和高田市立病院に赴任し、副院長、消化器外科主任部長を拝命しております。人口減少、少子高齢化に加え昨年来のコロナ禍により社会情勢が大きく変化するなか医療を取り巻く環境は厳しさを増しております。当院では地域の新型コロナウイルス感染対策に取り組む一方で、これまでの外来・入院診療や検査・手術に制限を加えず継続することで地域医療を守るべく職員が一致団結して鋭意努力しております。これからも地域住民の皆様や近隣の医療機関様から信頼される医療が提供できるよう精進してまいりますので、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。






向川 智英
副院長
向川 智英

 2019年4月に副院長、小児科部長に就任いたしました。現在は医療安全管理者、産業医、インフェクションコントロールドクターなどを兼任しております。
 大和高田市立病院は病院理念を基に、昨年度から「地域医療に貢献する働きやすい病院を目指し続ける」というヴィジョンを掲げました。近年は様々な多様化が求められますが、医療においては標準化と多様化の双方が、命のやり取りを通した緊張の日々のなかで常に求められます。職員一人一人が力を十分に発揮できる環境作りに努め、職員が一丸となって病院理念である「市民から愛され信頼される病院、地域住民の要望に的確に応える医療」を実践し、地域の中核病院としての責務を果たすよう邁進してまいります。


川口 千晴
副院長
川口 千晴

 2022年4月付で大和高田市立病院に赴任し、副院長、訪問看護ステーション所長、在宅医療支援科部長を拝命いたしました中谷です。専門は消化器内科で、各種消化器癌をはじめ肝胆膵疾患を中心とした診療に従事してきました。
 大和高田市は私の生まれ育った故郷でもあり、祖父も最後まで当院でお世話になり、医師を志すきっかけとなった思い入れのある場所でもあります。おそらく、公務員として私の最後の勤務地となることと思いますので、子供の頃にお世話になり感謝していた祖父の主治医を思い出しながら、地域住民の皆様と同じ目線に立って寄り添えるような医療の提供に全力で努めていきたいと思います。また、そのためには病診・病病連携は非常に大切になってくると考えており、地域の要望に応えられる中核病院となるべく、近隣医療機関とも密な連携をとりながら精進してまいりますので、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。


中谷 敏也
副院長
中谷 敏也

病院理念

大和高田市立病院は、市民から愛され、信頼される病院を目指します。中和地域の中核病院として、地域住民の要望に的確に応える医療を行うとともに、保健医療福祉の連携に努めます。

基本方針

■ ふれあいの医療

豊かな人間性と倫理観をそなえ、温かい心と思いやりにあふれる病院を目指します。

■ 安心と信頼の医療

患者さんの権利を尊重し、患者さんのための、患者さんを中心とした、医療を行います。たゆまない研鑚のもとに、医療水準を高め、全力を尽くして、信頼に基づく安全で良質な医療の提供に努めます。

■ 融和の医療

診療所や他の病院と連携を密にし、地域医療の充実に努めます。健全経営に努め、職員が互いに尊重し合う、明るく働きがいのある病院を創ります。

医療安全宣言

私たちは医の倫理に則り医療安全文化の構築を通じて
患者さんと共に良質で安全な医療の実践に努めます

1.医療の質と安全を確保するためのシステム作りを組織をあげて行います

2.医療の質と安全の確保はすべての職員の責務であることを自覚して、
失敗に学び改善につなげる文化を育みます

3.患者さんと医療チームの密接な関係をたもちながら、患者さん中心の医療の質と安全を追求します

放射線治療センター
教育研修センター
がん支援センター
メディカルショートステイ訪問看護ステーション

代表番号

受付時間(平日 9:00~17:00)

外来受付時間

午前 8:15~11:00

(午後診療については、外来診療担当表で各診療科ごとに確認して下さい)

休診日

土・日・祝日及び年末年始

面会時間

13:00~20:00

外来診療担当表

休診案内

奈良県緊急相談ダイヤル

子供の急な病気・ケガの時どうする?

#8080

または 0742(20)8119

平日

18時〜翌朝8

土曜日

13時〜翌朝8

日・祝・年末年始(12/29〜1/3)

8時〜翌朝8

看護師や小児科医が電話でアドバイスします。

奈良県救急安心センター相談ダイヤル

救急車を呼んだ方がいいのかな?
病院で診察を受けるべきかな?
応急手当の仕方がわからない?
近くの医療機関が知りたい? などの場合…

お電話をおかけください。

プッシュ回線・携帯電話からは

#7070

ダイヤル回線・IP電話からは

0744-20-0119

24時間受付!相談員や看護師が電話でアドバイスします。

医療安全相談窓口

医療に関する患者の苦情や
相談等の対応を行います。

受付時間

平日 9:00〜12:00 13:00〜16:00

メニュー
当院の特色
  • 大和高田市立病院 看護局
  • イベントのご案内
  • 教育研修センター
  • メディカルショートステイ
  • 医療の質指標
お知らせ

MORE

〒635-8501
奈良県大和高田市礒野北町1番1号
Google Map

【交通のご案内】
近鉄大和高田駅から1.2キロ(徒歩約18分、車約4分)
JR高田駅から1.0キロ(徒歩約15分、車約5分)
近鉄高田市駅から0.7キロ(徒歩約10分、車約4分)

バス:大和高田市コミュニティバス(市内循環バス)きぼう号
葛城市コミュニティバス(環状線)

TEL CONTACT MENU

外来受付時間

午前 8:15~11:00 午後 13:00~15:00

(午後診察のない診療科もあります)

休診日

土・日・祝日及び年末年始

面会時間

13:00~20:00

外来診療担当表休診案内

奈良県緊急相談ダイヤル