外科外来診療担当表

外科の紹介と特色

外科の基本的な方針は、“患者さんを中心とした治療”です。そのために“院内連携”“病診連携”“病病連携”を推進してまいりました。受診された患者さんに対し、消化器内科や放射線科・放射線治療科と連携して、各種ガイドラインを順守した、標準治療を行っております。その際、可能な限り、侵襲の少ない治療方法や機能を温存した手術方法を選択するように心がけています。

消化器外科

食道がんに対しては、手術と化学療法・放射線治療を組み合わせた集学的治療を行っています。食道がんの手術は、以前は術後の創部痛が強い傾向にありましたが、侵襲の少ない胸腔鏡下手術を行うことにより、術後の疼痛も大幅に軽減しました。

胃がんに対しては、早期の場合には、可能な限り内視鏡での切除を選択し、手術が必要な場合は、積極的に腹腔鏡下手術を行う方針としております。一方、進行がん症例では、必要に応じ、審査腹腔鏡検査や術前化学療法を行っています。術前の化学療法導入により、切除不能であった胃がんが切除できるようになる場合や、根治性が上昇する可能性があります。

大腸がんに対しても、積極的に内視鏡的切除を行っております。手術が必要な場合は、2005年から腹腔鏡下手術を標準術式にいたしました。
また最近の大腸がんにおける薬物治療の進歩は著しく、肝転移を伴う症例でも、多くの方が治癒されるようになりました。さらに直腸がんでは、手術と薬物治療に、放射線治療を加えた集学的治療が有効で、治療成績も着実に向上しております。

その他、肝臓・胆道系・膵臓領域の悪性腫瘍も積極的に治療を行い、安全な手術が行えるようになりました。また虫垂炎や鼠径ヘルニアの手術でも、腹腔鏡下手術の割合が増え、早期退院・術後創部痛の軽減が可能になっております。

乳腺外科

乳がんの治療では、タイプに合わせた、個別化療法が重要です。ガイドラインに沿って、患者さんおよびご家族と十分に治療方針を相談させていただきます。術前治療を積極的に行うことにより、約70%の方に乳房温存手術が可能になりました。手術では、術中病理検査が重要です。乳房温存手術の断端やセンチネルリンパ節生検を、手術中に病理で調べることにより、安全で過度の侵襲のない手術が可能になっております。
また奈良医大形成外科の支援の下、エクスパンダー・インプラント実施施設の認定を受け、乳房同時再建手術も開始いたしました。適応のある患者さんには、同手術をお薦めいたします。
さらに最新鋭の放射線機器の導入により、当院で完結した乳がん診療が可能になりました。

主要疾患(診療内容)

消化器悪性腫瘍全般(食道がん、胃がん、大腸がん、直腸・肛門がん、肝がん、胆道・膵がんなど)、胆石、大腸肛門疾患、鼠径ヘルニア(乳幼児も可)、虫垂炎、食道裂孔ヘルニア、乳腺疾患、下肢静脈瘤、自然気胸などです。

主要設備

CT、MRI、RI、超音波・ドップラー検査(腸管循環障害、下肢静脈瘤、閉塞性動脈硬化症)、上部下部内視鏡(内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD))、血管造影、超音波凝固切開装置(サンダービート、ハーモニック、エンシュアなど)、CUSA、マイクロターゼなどです。
また、鏡視下手術(胆石、胃がん、大腸がん、食道がん、食道裂孔ヘルニア、虫垂炎、鼠径ヘルニア、気胸)や症例に応じた日帰り手術もおこなっています。
さらに最新鋭の放射線治療機器が導入され、様々な悪性腫瘍の治療や疼痛軽減目的の緩和医療などに大いに役立っております。

診療実績

外科手術件数

手術症例数を下記の表で示します

 2011年2012年2013年2014年2015年
全身麻酔 505 563 520 569 606
脊椎麻酔 185 186 181 118 75
局所麻酔 174 153 172 129 143
総 数 864 904 873 836 824
緊急手術 143 155 112 126 128
腹腔鏡・胸腔鏡手術 168 209 197 311 351

各年度別の主要手術の症例数を下記の表で示します

 2011年2012年2013年2014年2015年
胃癌 59 45 50 53 60
腹腔鏡下手術 21 22 16 34 28
大腸癌 67 62 55 59 63
腹腔鏡下手術 43 39 34 39 48
乳癌 73 85 82 90 82
乳房温存手術 46 59 53 66 62
乳房再建術 0 0 0 0 1
食道癌 1 1 3 2 2
胸腔鏡下手術 0 0 0 1 2
食道裂孔ヘルニア 0 4 4 7 4
腹腔鏡下手術 0 3 3 7 3
膵切除術 8 16 15 8 11
胆道癌 4 15 9 6 6
胆管癌 1 9 5 1 2
胆嚢癌 3 6 4 5 4
肝切除術 3 15 18 17 12
腹腔鏡下手術 0 0 0 2 1
胆石症 118 132 116 130 129
腹腔鏡下手術 101 111 99 118 119
虫垂炎 82 74 68 84 44
腹腔鏡下手術 6 4 9 44 28
腹膜炎 18 10 14 27 15
鼠径ヘルニア 128 127 148 153 129
腹腔鏡下手術 0 0 5 48 77
痔核・痔瘻 10 16 22 18 10
胸腔鏡下気胸手術 5 4 5 6 5
下肢静脈瘤 43 41 63 53 67

認定・指定施設一覧

当院は奈良県のがん診療支援病院に指定されており、外科における各学会の認定、指定施設は以下の通りです。従って当院外科で研修することで、各学会の認定医の取得が可能になります。

認定・指定施設一覧

日本外科学会専門医制度修練施設
日本消化器外科学会専門医修練施設
日本乳癌学会認定医専門医制度認定施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設
日本臨床腫瘍学会認定研修施設
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会エキスパンダー実施認定施設
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会インプラント実施認定施設

医師紹介

岡村 隆仁(オカムラ リユウジ)

診療科 外科
氏名 岡村 隆仁(オカムラ リユウジ)
役職 院長
出身大学 京都大学
卒業年月 1981/3
学会資格等

(社)日本外科学会 認定医・専門医・指導医
(社)日本消化器外科学会 専門医・指導医
(社)日本乳癌学会乳腺 専門医・指導医
(社)日本がん治療認定医機構 暫定教育医
(社)日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
(公)日本臨床腫瘍学会暫定指導医

日本クリニカルパス学会評議員

一言

現在は、主に乳腺外科の診療を行っています。充実したスタッフとともに、『患者さん中心の医療』を目指しています。

中山 裕行(ナカヤマ ヒロユキ)

診療科 外科
氏名 中山 裕行(ナカヤマ ヒロユキ)
役職 副院長
出身大学 金沢大学
卒業年月 1990/3
学会資格等 (社)日本外科学会 認定医・専門医
(社)日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医(消化器・一般外科領域)
(社)日本静脈経腸栄養学会認定医JSPEN認定医

加藤 達史(カトウ タツシ)

診療科 外科
氏名 加藤 達史(カトウ タツシ)
役職 部長
出身大学 京都大学
卒業年月 1993/3
学会資格等 (社)日本外科学会 専門医・指導医
(社)日本消化器外科学会 専門医・指導医
(社)日本乳癌学会専門医
(社)日本乳癌検診制度管理中央機構 検診マンモグラフィー読影認定医
(社)日本がん治療認定医機構 暫定教育医・認定医

山田 高嗣(ヤマダ タカツグ)

診療科 外科
氏名 山田 高嗣(ヤマダ タカツグ)
役職 部長
出身大学 奈良県立医科大学
卒業年月 1993/3
学会資格等

(社)日本外科学会 専門医・指導医
(社)日本消化器外科学会 専門医・指導医
(社)日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
(社)日本肝胆膵外科学会 評議員

(社)日本がん治療認定医機構 暫定教育医・がん治療認定医

一言

専門は消化器外科全般、肝胆膵外科です。病院(ホスピタル)は患者さんのためにあるということ、患者さんの心を理解し、温かく思いやりのある心(ホスピタリティ)で接することを心がけています。患者さんの信頼と期待に応えるよう誠心誠意、取り組んで参ります。

中村 友哉(ナカムラ ユウヤ)

診療科 外科
氏名 中村 友哉(ナカムラ ユウヤ)
役職 医長
出身大学 奈良県立医科大学
卒業年月 2003/3
学会資格等 (社)日本外科学会専門医
(社)日本消化器外科学会専門医
(社)日本消化器学会消化器がん外科治療認定医
(社)日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本救急医学会認定ICLSコースディレクター
日本DMAT隊員
緩和ケアの基本教育のための都道府県指導者
一言 「全ては患者さんのために」というのが基本的な医療の倫理と思っております。内視鏡、がん治療、救急災害医療、緩和ケア、患者さんにとって最適の医療を提供できるように頑張っています。

西村 公男(ニシムラ タカオ)

診療科 外科
氏名 西村 公男(ニシムラ タカオ)
役職 医長
出身大学 京都大学
卒業年月 2003/3
学会資格等 (社)日本外科学会専門医
(社)日本消化器外科学会専門医・指導医
(社)日本消化器学会消化器がん外科治療認定医

鬼頭 祥悟(キトウ ヨシノリ)

診療科 外科
氏名 鬼頭 祥悟(キトウ ヨシノリ)
役職 副医長
出身大学 関西医科大学
卒業年月 2007/3
一言 患者さんに寄り添った医療を提供できたらと思います。気軽にご相談ください。

加藤 達史(カトウ タツシ)

診療科 外科
氏名 尾原 伸作(オバラ シンサク)
役職 副医長
出身大学 奈良県立医科大学
卒業年月 2005/3
学会資格等 (社)日本外科学会 専門医
(社)日本消化器外科学会 専門医

佐多 律子(サタ リツコ)

診療科 外科
氏名 佐多 律子(サタ リツコ)(休職中)
役職 副医長
出身大学 神戸大学
卒業年月 2010/3

松本 純明(マツモト ヨシアキ)

診療科 外科
氏名 松本 純明(マツモト ヨシアキ)
役職 非常勤医師

菊池 厚(キクチ アツシ)

診療科 外科
氏名 菊池 厚(キクチ アツシ)
役職 非常勤医師

桑原 理充(クワハラ マサミツ)

診療科 外科
氏名 桑原 理充(クワハラ マサミツ)
役職 非常勤医師

専門医制度と連携したデータベース事業について

大和高田市立病院外科では、一般社団法人National Clinical Databaseが行っているデータベース事業に参加しております。
この事業の目的は、患者さんにより適切な医療を提供するための専門医の適正配置が検討できるだけではなく、最善の医療を提供するための各臨床現場の取り組みを支援することです。

 ⇒ 専門医制度と連携したデータベース事業について

臨床研究

大和高田市立病院乳腺外科では、京都大学大学院医学研究科との共同研究で「乳がん微小環境形成に関わる分子生物学的機序の生体試料を用いた探索研究」を行っております。詳細は下記ホームページをご覧下さい。

 ⇒ 京都大学医学部附属病院乳腺外科「臨床試験・治験について」



代表番号

受付時間(平日 9:00~17:00)

外来受付時間

午前 8:15~11:00
午後 13:00~15:00

(午後診察のない診療科もあります)

休診日

土・日・祝日及び年末年始

面会時間

13:00~20:00

外来診療担当表

休診案内

奈良県緊急相談ダイヤル

子供の急な病気・ケガの時どうする?

#8080

または 0742(20)8119

平日

18時〜翌朝8

土曜日

13時〜翌朝8

日・祝・年末年始(12/29〜1/3)

8時〜翌朝8

看護師や小児科医が電話でアドバイスします。

奈良県救急安心センター相談ダイヤル

救急車を呼んだ方がいいのかな?
病院で診察を受けるべきかな?
応急手当の仕方がわからない?
近くの医療機関が知りたい? などの場合…

お電話をおかけください。

プッシュ回線・携帯電話からは

#7070

ダイヤル回線・IP電話からは

0744-20-0119

24時間受付!相談員や看護師が電話でアドバイスします。

医療安全相談窓口

医療に関する患者の苦情や
相談等の対応を行います。

受付時間

平日 9:00〜12:00 13:00〜16:00

メニュー
当院の特色
  • 大和高田市立病院 看護局
  • イベントのご案内
  • 教育研修センター
  • メディカルショートステイ
  • 医療の質指標
お知らせ

MORE

〒635-8501
奈良県大和高田市礒野北町1番1号
Google Map

【交通のご案内】
近鉄大和高田駅から1.2キロ(徒歩約18分、車約4分)
JR高田駅から1.0キロ(徒歩約15分、車約5分)
近鉄高田市駅から0.7キロ(徒歩約10分、車約4分)

バス:大和高田市コミュニティバス(市内循環バス)きぼう号
葛城市コミュニティバス(環状線)

TEL CONTACT MENU

外来受付時間

午前 8:15~11:00 午後 13:00~15:00

(午後診察のない診療科もあります)

休診日

土・日・祝日及び年末年始

面会時間

13:00~20:00

外来診療担当表休診案内

奈良県緊急相談ダイヤル