スタッフ一覧(作成中)

教育研修センター長インタビュー

大和高田市立病院 臨床検査科
  プログラム責任者 兼 教育研修センター長 山下慶三

略歴
         
1957年 大阪市生まれ
1983年 信州大学卒業 (信州大学医学部大学院(免疫学専攻))
1986年 米国 The Wistar Institute of Anatomy & Biologyにてポスドク
1990年 長崎大学医学部医動物学教室にて、助手、次いで講師
1997年 GlaxoSmithKline筑波研究所生物科学研究部にて、主任研究員、ついで課長
2007年 筑波大学附属病院 臨床医療管理部員、ついでISO医療業務支援部員
2013年 大和高田市立病院 臨床検査科部長
2014年 同病院 教育研修センター副センター長 就任
2016年 同病院 教育研修センターセンター長 就任

信州大学第2内科での臨床研修(1年)以後1997年まで、感染防御における抗原提示細胞の生理学の基礎的研究に従事。その後は、人に尽くすマネジメント経験を重ねる

臨床でなく基礎の研究を選択されたのは何故ですか?

高校の頃から「里見脩二(小説「白い巨塔」の登場人物)」にあこがれていましたが、臨床実習の進むほどに基礎知識を応用することへの力不足を強く感じていました。そんな私を基礎研究に導いてくださったのは、矢野明彦先生です。多田富雄先生の許で免疫学を学ばれ、留学先の米国NIHで抗原提示細胞(APC)を発見された後、30代半ばで信州大学にありAPCの細胞生理学をリードしておいでした。Wistar 研究所では Ellen Heber-Katz先生に、長崎大学では再び矢野先生に免疫学の基礎研究を続ける機会を与えていただきました

企業研究所に転身されたのは何故ですか?

理由は二つ:40を前に新規性の高い研究テーマを開拓する力に乏しいことを自覚していたこと、米国留学時の友人橋本康弘先生が、GlaxoSmithKline筑波研究所生物科学研究部で主任研究員を勤める機会を与えてくださったことです

研究所でも研究を続けられたのですか?

入社して3年目、研究員を辞めマネージャーとして生きる路を選択しました。というのも、皮膚アレルギーの場におけるAPC病理に創薬機会を求め、薬学博士や理学修士を修めた能力豊かな若者と一緒に研究を始めて1年半ほど経ったある日、橋本部長は私に「課長をやってください」と仰ったのです。GlaxoWellcome社とSmithKline Beecham社とが合併を進める中、筑波研究所は地球規模となったGlaxoSmithKiline創薬チームメンバーとして、ゲノム創薬を分担する世界拠点の一つへと変貌する最中でした

市立病院での臨床研修の改善に、基礎研究と企業勤務の経験をどう活かしておられますか?

ACGME(医師卒後臨床研修プログラムを評価・認証する米国の非営利団体)は、全ての医師が修めるべき力量(図中の6つ)を特定し、それらを生涯かけて高め続ける教育プログラム開発をリードしています。Medical KnowledgeとPatient Careを広義に解せば、これら6つの力量は医師に留まらず全ての医療職者に有益です
職員
医学教育と基礎研究を通じ、私はMedical KnowledgeとPatient Careの一部を修める機会を得る一方、企業勤務からは人文的力量を高める機会を得続けていたと感じています:実際、GlaxoSmithKline筑波研究所では、性格の多様性への理解を導くユング心理学や、トヨタやデミング、ドラッカー達の社会学をも学びつつ、(ライン、プロジェクト、プログラム)マネジメントは全て実地に経験し、(健康・安全・職場環境)を管理するマネジメント・システムの開発と運用にも直接に深く携わりました。 ところが残念なことに、日本の学校での医療者教育と医療施設での職員教育の場では、Medical KnowledgeとPatient Careを除く人文的力量を開拓する方略と機会に乏しいのが現実です。それゆえ、研修医を含む病院職員の教育の場で、人文的力量の開拓方略を創造・実践することこそ自分の任務と覚悟しています

教育研修センターの今後をどうお考えですか?

今後3年間は、教育研修センターにとっても市立病院全体にとっても、とても大きな変貌の刻となるでしょう:本院の(初期&専門)臨床研修をリードする傍ら、1)人文的力量を高める、価値あるセミナーを提供し、2)「教育の質マネジメント・システム」を運用、3)「PDSAを合言葉」とする「病院運営の質マネジメント・システム」を巧く稼働できるよう病院を後押しします。4年後には、教育研修センター長を次代に委ね、市立病院の職員教育システムの良いところを県内医療機関と共有する仕事に携わりたいと念じています。

指導医チーム・リーダー(作成中)

メンター医インタビュー

 

大和高田市立病院 教育研修センター メンターチーム・リーダー
竹下佳弘

略歴
        
1977年 奈良県大和高田市生まれ
2004年 奈良県立医科大学卒業 六甲アイランド病院 臨床研修医
2006年 千船病院 小児科
2007年 兵庫県立塚口病院(現 兵庫県立尼崎総合医療センター)小児科
2009年 大阪府立中河内救命救急センター救命救急科 大阪市立総合医療センター小児神経内科
2010年 兵庫県立塚口病院(現 兵庫県立尼崎総合医療センター)小児科
2012年 淀川キリスト教病院 小児科
2013年 大和高田市立病院 小児科

メンターとはどういう意味ですか?

ギリシャ神話に出てくる老賢人「メントール」が語源です。このメントールという男性は、オデュッセウス王のかつての僚友であり、王の息子テレマコスの教育を託された賢者でした。メントールは王の息子にとって、良き指導者、良き理解者、良き支援者としての役割を果たした人物でした。 1980年代に不況のアメリカで、成長した起業家が自分を精神的にも支援してくれた方々を、敬意をこめてメンター(Mentor)と呼ぶようになりました。尚、MentalやMentalityとは、語源的には関連性がありません。 人を導き、指導・支援するスキルが、語り継がれて、現代ではメンタリングと言われるようになりました。メンタリングとは、経験者(メンター)が、経験の少ないメンティ(指導や支援を受ける者)の夢と挑戦を引き出し、そのキャリア(成功体験)の実現のために、惜しみない指導・支援をする統合的指導・支援技術のことです。

メンターチームの活動内容についてお聞かせください。

主に専門的知識・手技以外の内容について指導を担当します。つまりは以下の2つに集約されます。

メンターチーム研修指導目標
1.医療人(医師)としての基本姿勢・態度・自覚を身に付ける
2.人間性・社会性を身に付ける

上記研修指導目標1.2を達成するために、以下の指導を行っています。
① 電子カルテチェック
随時研修医のカルテをチェックし、個別に指導する
適宜ショートプレゼンテーションや退院サマリーの指導も行う
② スライド作成(院内学会、年3回開催)
院内学会開催に合わせて、各研修医のスライド作成を指導する
決して学会発表の雰囲気だけを味わう場ではなく、発表そのものよりも発表するまでの準備期間の方に重点を置く
病歴、身体所見に重点を置き、スライド作成の基本を指導する
③ メンタリング
随時開催
日々の診療や病棟・医局などでの対話により、助言、指導を行う
メンタリング報告書:メンタリングを行ったメンター医師はメンタリング終了後にメンタリング報告書を作成し教育研修センターに提出する(年4回)
日々の電子カルテチェックなどで指導した内容も、メンタリング報告書に記載する

医学的な専門知識や手技だけを習得することだけでは臨床研修は不十分でしょう。あくまで医師として、人間として大切なことは何か?ということを研修医に伝えることが我々メンターの使命と考えます。
厚生労働省が掲げる研修目標の一部(患者-医師関係、安全管理、医療面接、等)についても我々メンターチームが担当させていただきます。

メンターチームが考える医療人(医師)としての基本姿勢・態度・自覚について教えて下さい。

以下の項目を実践できることを目標に掲げています。
① 診察態度
患者の話を聞く  きちんと診察する  患者から逃げない(例.救急車を断らない、等)
② 患者対応・スタッフ対応
チーム医療を意識  
現場を責めない(例.患者を責めない、看護師を責めない、救急隊を責めない、等)
現場からの要請を断らない
③ カルテ記載
病歴記載  身体所見記載  インフォームドコンセント記載  指示記載
サマリー記載  紹介状・返信記載  病名記載
④ スライド作成
演題の書き方  抄録の書き方  主訴・現病歴・身体所見  考察  経過表  画像
日本語表記  略語  単位  スライド枚数  発表時間  締切期日厳守
⑤ 勉強法  
現場経験(現場から学ぶのが基本)
指導医との対話(対話しなければ伝えられない事や学べないことはある)
教育(常に後輩を教育するという意識を持つ)
文献検索  エビデンスの重視・選択  学会  研究
⑥ 病院システム改善
病院のシステムを見直していこうという意志を持つ(マネジメントの重要性を知る)

メンターチームが考える人間性・社会性について教えて下さい。

以下の項目を実践できることを目標に掲げています。
① 人間性
謙虚さ  責任感  自主性・積極性  短所を長所に変える
長所を伸ばす  利他主義
② 社会性
挨拶  言葉遣い  目線  お礼  身だしなみ  時間を守る
ホウレンソウ  記載業務

メンターチームのリーダーとなられた経緯を教えてください。

これまでの医師としての人生の中で、様々な指導医の先生方から、多くのアドバイスをしていただきました。まさに「格言」ともいえるものでした。私が教えていただいたこの「格言」を私の中だけでとどめておくことはできない、若い医師たちに伝えなければならないと思い、現教育研修センター長の山下慶三先生のお誘いもあり、メンターをさせていただくことになりました。「患者の話を聞け」「目線を合わせろ」「現場を責めるな」「患者から逃げるな」・・・等々、専門的な医学知識の修得だけを目指しているだけではおろそかになってしまうかもしれない、これらの「格言」に込められた医師としての基本姿勢、人間性、社会性を若い医師たちに伝えていきたい、と考えたからです。医学は単なる科学ではありません。理論だけを追求するだけではいけません。相手は人間です。幅広い視点を持って患者の安全を守る医師になって欲しいと考えます。

先生の受けた初期研修について教えて下さい。

私はちょうどスーパーローテートの一期生になります。小児救急に力を入れているということで神戸の病院で初期研修を受けましたが、今思うとかなり消極的で覇気のない研修医だったと思います。どこか冷めていた、と言っても良いかもしれません。各臓器毎に分かれた科には進みたくなかったので小児科医になると学生時代に決めていた、ということもあり、正直他科の研修がつらいと感じるときもありました。「勝負は卒後3年目からや、小児科医になってから頑張ったらいいんや」と自分に言い聞かせていました。手技も「いつかできるようになるし、今そんなにがんばらんでもええやろ」と思っていました。しかし、このようなやる気があまり感じられないような研修医にも、各科指導医の先生方は「格言」を伝えて下さいました。「専門知識には興味ないかもしれんけど、これは覚えときや、患者の話は聞かなあかん」「患者に何かあったらいつでもオレを呼んでくれていいから」というふうに。研修医時代はあまり意識していなかったですが、これら「格言」は今でもはっきりと覚えています(小児科以外の専門的知識はほとんど残っていませんが…)。様々な指導医との偶然の出会いによって、将来に渡って何事にも代えがたいものを教えていただけたと思っています。これまで自分が教えてもらったのと同じように、今度は私自身が大和高田市立病院の研修医の皆さんに教えていくことができれば本望です。

初期研修医にメッセージをお願いします。

焦らないでください。最初は誰もできません。知識や手技の身に付け方も人それぞれ、吸収する力も人それぞれです。自分のペースでがんばってください。ただし、上で述べたような、医師として、社会人として根本的に大切な部分は見失わないでください。医学的な専門的知識の修得だけに囚われないでください。医学的な専門知識の勉強以外の事にも意識を向けて下さい。専門的な部分は卒後何年経っても勉強することができますが、メンターチームが掲げる研修目標のような内容は若い時に意識しておかないと、後々勉強することは困難と思われます。我々メンターチームはそのお手伝いができると考えております。大和高田市立病院の臨床研修は医学的な専門知識・手技の修得や豊富な症例を経験できることは当然ですが、それに加えて、医療人(医師)としての基本姿勢、人間性・社会性を身に付けることもお手伝いさせていただけると自負しております。是非、大和高田市立病院の初期研修にお越し下さい。

今後のメンターチームの目標を教えて下さい。

メンタリングを中心に研修医教育を行っていくことはもちろんですが、研修医教育をきっかけに、各科医師間の横のつながりを深め、院内各部署のマネジメントを見直していければと思っています。つまり、研修医教育を通じて大和高田市立病院をより魅力ある病院へと活性化させることができれば嬉しいですね。

代表番号

受付時間(平日 9:00~17:00)

外来受付時間

午前 8:15~11:00

(午後診療については、外来診療担当表で各診療科ごとに確認して下さい)

休診日

土・日・祝日及び年末年始

面会時間

13:00~20:00

外来診療担当表

休診案内

奈良県緊急相談ダイヤル

子供の急な病気・ケガの時どうする?

#8080

または 0742(20)8119

平日

18時〜翌朝8

土曜日

13時〜翌朝8

日・祝・年末年始(12/29〜1/3)

8時〜翌朝8

看護師や小児科医が電話でアドバイスします。

奈良県救急安心センター相談ダイヤル

救急車を呼んだ方がいいのかな?
病院で診察を受けるべきかな?
応急手当の仕方がわからない?
近くの医療機関が知りたい? などの場合…

お電話をおかけください。

プッシュ回線・携帯電話からは

#7070

ダイヤル回線・IP電話からは

0744-20-0119

24時間受付!相談員や看護師が電話でアドバイスします。

医療安全相談窓口

医療に関する患者の苦情や
相談等の対応を行います。

受付時間

平日 9:00〜12:00 13:00〜16:00

メニュー
当院の特色
  • 大和高田市立病院 看護局
  • イベントのご案内
  • 教育研修センター
  • メディカルショートステイ
  • 医療の質指標
お知らせ

MORE

〒635-8501
奈良県大和高田市礒野北町1番1号
Google Map

【交通のご案内】
近鉄大和高田駅から1.2キロ(徒歩約18分、車約4分)
JR高田駅から1.0キロ(徒歩約15分、車約5分)
近鉄高田市駅から0.7キロ(徒歩約10分、車約4分)

バス:大和高田市コミュニティバス(市内循環バス)きぼう号
葛城市コミュニティバス(環状線)

TEL CONTACT MENU

外来受付時間

午前 8:15~11:00 午後 13:00~15:00

(午後診察のない診療科もあります)

休診日

土・日・祝日及び年末年始

面会時間

13:00~20:00

外来診療担当表休診案内

奈良県緊急相談ダイヤル